【気になる料金】スタディサプリを使ってみた感想【小学講座編】

おすすめテキスト・アイテム

スタディサプリ、通称「スタサプ」ですが、「映像授業ってどうなの?」って思っている人も多いのではないでしょうか?
ウチは中学受験時、そして中学入学後も使用しています。
その経験も踏まえて、感想と使い方を記事にしました。

スタサプの特徴

CMとかガンガンやってますし、公式HPを見てもらえればわかることなので軽く箇条書きで流しますね。

  • 1コマ15分の授業が10000以上!
  • 先生はすべて一流予備校・塾での豊富な指導実績あり!
  • 一流の先生だから、わかりやすくておもしろい!
  • 1回15分の神授業とドリルで学習リズムが身につく!
  • 授業動画は何度でも繰り返し見られる!
  • 追加料金一切なしで異なる学年の授業も見放題!
  • とりくみやすい月額1,980円!

現在のキャンペーン

テキスト冊子無料クーポン配布(計10冊分)
初回:5冊分送付
2回目以降:有料利用が6ヶ月経過後、5冊分送付

ちなみにテキストは無料でPDFをダウンロードしてプリントできます。
しかし、がっつりやるつもりなら冊子のほうがいいです。理由は後述。

スタサプだけで中学受験できるか?

結論から言うと、難しいと思います。


自己管理・自主自律ができて、ペースを乱さず、自分で問題解決できるような子なら可能かもしれませんが、やはりメインは受験塾なり個別指導を軸にして、あくまで補助的な役割で使うのが望ましいでしょう。


塾や個別指導は時間が決まっているため強制力が働きますが、映像授業は自分から行動しないと始まりません。数年に及ぶ受験勉強でこれを自主的に続けられるとすれば、相当な精神力の持ち主です。

どう使うのが効果的か?

スタサプ小学講座には基礎応用があります。
「基礎」は小学校の授業レベルなので、この記事では中学受験を意識した「応用」の授業動画を視聴する前提で進めていきます。


まず子供にはいろんなタイプの子がいます。次のような子供にとってスタサプは強い味方になるかもしれません。

  • わからない問題があっても、恥ずかしくて先生に質問できない
  • 質問する生徒が多くて先生がなかなかつかまらない
  • 特定科目の先生と相性が悪い。好きになれない。

塾に何の不満もなければ、信じて突き進めばいいでしょう。
ただ、理解しづらい単元などは別の先生の授業(スタサプ)を受けることによって、スッと入ってくることもあります。


メインはあくまで塾や個別でいいと思います。
過去に習ったけど忘れてしまったところ、苦手な単元などをピンポイントで補強するような使い方が有効かと。

算数の単元はこんな感じです

上の画像のように単元別に分けられていますので、苦手単元をピンポイントで受講(視聴)することができます。


また一つの講義は4~5つのチャプターに分かれているので、結構なボリュームです。
例えば、流水算が苦手であれば、「第5講 流水算①」と「第6講 流水算②」が該当します。第5講の中に「5つのチャプター」、第6講の中に「4つのチャプター」が用意されており、1つのチャプターは15分なので合計135分の動画があります。
わかっているところは飛ばすなり、倍速再生(1.25〜2.0倍速)するといいでしょう。


またスタサプの講師のほうがわかりやすい、自分に合うということであれば、教科によってスタサプをメインにすることもできます。


ダブルチェック、二段構えの体制をとっておくと安心も得られますし、好きな場所・好きな時間に問題解決できるというメリットが大きいですね。

テキストについて

テキストはネットからダウンロードできるので無料です。
また冊子を希望するのであれば、1冊につき¥1,200で販売しています。


算数・理科・社会は苦手単元の授業動画を見て、塾の問題集を解くというやり方をしていました。
これで特に問題なかったです。


ただ国語は説明的文章・文学的文章ともに本文を読んで、設問を解くことになるのでテキストが必要です。授業動画の解説は本文を読んでいる前提で進んでいくので準備しましょう。


webから無料ダウンロード→プリントでも構わないのですが、[小6 国語 応用]を例にあげると約160ページあります。解答を含めると180ページです。
がっつりやるならプリントする手間、時間、トナー、用紙を考えると、冊子を購入したほうがよさそうですね。


キャンペーンのタイミングにもよりますが、最初に何冊か無料でもらえますので「国語」を優先的にもらうことをおすすめします。
15%offなどの割引も結構やっているので、そのタイミングでの購入がいいでしょう。


あと国語について、補足しておくと本文が短いです。
字数で言うと説明的文章・文学的文章ともに約1,000〜1,500字になりますので、受験で戦うには厳しいですね。


◇本文字数参考(直近5年)
・同志社中学:論説文 約2,600〜3,200字
・同志社香里中学:論説文 約1,800〜3,200字、小説 約3,500〜5,200字
・同志社女子中学:論説文 約3,200〜6,500字、小説 約3,600〜8,400字
・立命館中学:論説文 約2,200〜3,400字、小説 約3,900〜5,300字

同志社女子中学は超長文が出題されることがありますので、ご注意ください。


国語が苦手で短めの文章から勉強したいという目的ならば、スタサプの国語は有用かでしょう。5年生になると塾の国語テキストが急に難しくなるので、取り掛かるなら5年生がいいでしょう。
しかし、いずれは模試や入試を意識した長い文章に慣れていく必要があります。

価格について

月額 1,980円!
安すぎて最初は何かウラがあるんじゃないかと思っていました。
しかし、何もウラはありませんでした(あたりまえ)。


日割りで一日あたり約66円(笑)。
なんでもそうですが、しっかり使えばコスパ最強!
使わなければコスパ最悪ですよね?


さらに年払いなら実質月額¥1,380です!
使い続けるときめたのなら、年払いがめちゃくちゃお得です!

スタサプの良いところ 7選

  • 小学4年生〜高校3年生までの全授業動画が見放題(中学に進学しても視聴可能)
  • 見るだけなら兄弟で利用することも可能(マイ講座登録は一人分です)
  • ダウンロードして移動中でも見れる(ギガ節約)
  • 神授業と言われる授業動画の質の高さ
  • 再生スピード変更機能(時間短縮が可能)
  • 1回の授業動画が15分と短いので集中できる
  • 月額料金が(¥1,980)がどう考えても安い

スタサプの微妙なところ 3選

  • 強制力がない。対面授業ではないのでサボろうと思えばサボれてしまう
  • ネット環境による誘惑(youtubeやスマホゲームができてしまう環境)
  • 子供のタイプによっては継続が難しい

解約・退会について

契約のタイミングにもよりますが、14日〜1ヶ月の無料体験があります。
興味があればとりあえず無料体験をしてみてください。
気に入らなければ解約・退会をすればいいだけです。
体験期間に解約すれば、費用は一切かかりません。


解約・退会も簡単にできます。
気をつけてほしいのは「解約」と「退会」では内容が異なる点です。


◇解約:有料会員を停止すること(費用は発生しない)。
   今までのデータは残ります。簡単に再開できます。


◇退会:スタディサプリを完全にやめること。
   すべてのデータが消えます。
   

退会するのは大学への進学が決まったときでいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

塾がメインであることは間違いないですが、苦手分野の授業を何度も見れるというのは魅力的であり、体調を崩して授業を休んでも取り返せます。


中学受験で大切なのは苦手教科で他の受験生に決定的な差をつけられないことです。
苦手教科をスタサプで補強して喰らいつき、得意教科で突き放しましょう。


大学付属を目指すレベルにはちょうどいい授業動画が並んでいますので、うまく併用して志望校合格を目指しましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント