【首都圏 結果R4公表】2020年入試 予想R4は的中したのか?早慶MARCH系列中学対象

中学受験

日能研さんが2020年度入試の「結果R4」を公表されました。
「予想R4がどれくらい当たったのか」をまとめました。
今回の対象は「早慶MARCH系列中学」になります。

※R4とは合格可能性80%の偏差値です。もちろん日能研生の偏差値が基準です。
 他塾であれば偏差値ではなく、「前年比」を意識してください。
※予想R4から2以上外れた数値に色付けしています。

早稲田系列

早稲田大学高等学院中等部

2019_予想R42020_結果R4誤差
男子6261−1

±1は許容でしょう。ほぼ予想通りといったところでしょうか。

早稲田中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
第1回6465+1
第2回6668+2

第1回は許容。
第2回は苦戦したようですね。このレベルでの2はキツイです。

早稲田実業学校中等部

2019_予想R42020_結果R4誤差
男子6466+2
女子6767±0

男子は予想より厳しい戦い。女子は予想通りの結果。

慶應義塾系列

慶應義塾中等部

2019_予想R42020_結果R4誤差
1次 男子6464±0
1次 女子6869+1

男子、女子ともにほぼ予想通りだったようです。

慶應義塾普通部

2019_予想R42020_結果R4誤差
男子6465+1

わずかに難化したようです。

慶應義塾湘南藤沢中等部

2019_予想R42020_結果R4誤差
1次 男子6465+1
1次 女子6667+1

男女ともにわずかに難化。

スポンサーリンク

明治系列

明治大学付属明治中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
第1回 男子6160−1
第1回 女子6363±0
第2回 男子6159−2
第2回 女子6363±0

第2回男子では日能研生が健闘して「−2」。他はほぼ予想通りだったようです。

明治大学付属中野中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
第1回5455+1
第2回5655−1

わずかに上下しましたが、おおむね予想通りといったところでしょうか。

明治大学付属中野八王子中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
A方式① 男子5353±0
A方式① 女子5353±0
A方式② 男子5453−1
A方式② 女子5453−1
B方式 男子5656±0
B方式 女子5656±0

全方式を通じて、ほぼ予想通りの結果だったようです。

青山学院系列

青山学院中等部

2019_予想R42020_結果R4誤差
男子5758+1
女子6261−1

わずかな上下はありましたが、特に問題なさそうです。

青山学院横浜英和中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
A日程男子5253+1
A日程女子5253+1
B日程男子5557+2
B日程女子5557+2
C日程男子5555±0
C日程女子5555±0

B日程で苦戦したようです。他はほぼ予想通りですかね。

立教系列

立教池袋中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
第1回5658+2
第2回5657+1

第1回で苦戦したようです。

立教女学院中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
女子5858±0

特に問題ないです。

立教新座中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
一般第1回5960+1
一般第2回5757±0

ほぼ予想通りだったようです。

スポンサーリンク

中央系列

中央大学附属中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
第1回男子5654−2
第1回女子5654−2
第2回 男子5559+4
第2回 女子5559+4

第1回と2回で明暗がわかれた印象。
第2回は予想から4ポイントも乖離していますので、かなり苦戦したようです。

中央大学付属横浜中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
第1回男子5757±0
第1回女子5757±0
第2回 男子5859+1
第2回 女子5859+1

予想から特に問題なし。

法政系列

法政大学中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
第1回男子5656±0
第1回女子5656±0
第2回 男子5555±0
第2回 女子5757±0
第3回 男子5355+2
第3回 女子5855−3

第1回、第2回は予想通り。
第3回は男子と女子で割れましたが、結果R4の偏差値は並びました。

法政大学第二中学校

2019_予想R42020_結果R4誤差
一般① 男子5456+2
一般① 女子5759+2
一般② 男子5455+1
一般② 女子5758+1

男女とも①で苦戦したようです。

まとめ

あくまで日能研生の偏差値ということが前提ですが、全体的に見るとほぼ想定の範囲内と言えるのではないでしょうか?
目立って想定から外れたのは「中央大学附属中学校」ぐらいですかね。
今後、発表される2021年入試に向けての「予想R4」も注目したいと思います。

ただ来年度は現在の新型コロナウイルス感染症によって、さまざまな影響が出ると思います。
どの段階で治まるのかも予想できませんし、どの程度の不況が訪れるのかも予想できません。
受験者数が激減することも考えられます。

来年度の予想をすることは無意味かもしれませんが、勉強することは無意味ではありません。
今はただ目の前のやれることに注力するしかないですね。

大変な時期だと思いますが、中学受験生を応援しています。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント